バルトレックスは保険適応でも高い薬

抗ヘルペスウイルス薬として名高いバルトレックスは、単純疱疹や帯状疱疹、水痘などに有効とされている抗ウイルス剤です。特に性感染症として知られている性器ヘルペスに対する治療や予防においては頻繁に使用されています。性器ヘルペスが発症してしまった場合にもバルトレックスを使用することにより通常は5日以内には水ぶくれのようなものがなくなってかさぶたになり、10日程度で治療を完了することができます。しかし、バルトレックスによってヘルペス感染を根本治療できるわけではなく、神経節に入ってしまっているヘルペスウイルスは残ってしまうという欠点があります。そのため、再発を繰り返すことが多いため、性生活を行っていくためには予防のためにバルトレックスを飲むということも多くなるのです。そういった影響から、たとえ保険適応で手に入れていても薬代が高いということは多くの人の悩みとなっているのが事実です。保険適応によって3割の負担で購入することができても、薬価が高いことから実質的な負担額でも1錠で130円程度してしまうのです。毎日飲み続けるということを考えると大きな負担になるのがバルトレックスによる性器ヘルペスの再発抑制となっています。そのため、保険適応で購入するよりも通販で大量購入するということもよく行われるようになってきています。海外から個人輸入することによって大幅に価格を下げることが可能であり、医師に処方箋を発行してもらうために必要となる医療費もかからないというメリットがあります。ずっと飲み続けるからこそバルトレックスを少しでも安く手に入れたいと思ったら個人輸入を行うというのが効果の高い方法となっているのが現状です。また、HIV発症後にヘルペスに感染する事例もありますので、検査することを勧めます。HIVの検査を自宅で行いたいなら通販で購入して、それ以外の方法は病院で検査を受けましょう。

■バルトレックスが高く感じる方にはアシクロビルをおすすめします
アシクロビルでウイルス増殖を抑えよう