アーカイブ | 11月 2016

  • バルトレックスで抑えられる鼻水とは?飲む回数は?

    バルトレックスはヘルペスの治療薬として知られていますが、鼻水も抑えることができます。 その理由ですが、バルトレックスを服用して治療することができるヘルペスには種類がありまして、単純疱疹である口唇ヘルペスや性器ヘルペス以外にも帯状疱疹にも効果があるからです。 一般的な単純疱疹のヘルペスの症状は患部が腫れたり、発熱がでたり、痛みが発生したりする場合が多いですが、水疱瘡などの帯状疱疹は症状が重くなることが多いです。 帯状疱疹は水疱瘡、かゆみ、痛みといった皮膚の症状だけではなく発熱、鼻水、咳、痰、頭痛といった症状も発生します。 とても感染力が強く、初期症状も分かり辛い部分もあるので重症化してしまう恐れがあるので注意が必要です。 このような症状を抑えるため、治療するためにバトルレックスを服用しますが帯状疱疹は単純疱疹よりも症状が重いですからバルトレックスを飲む回数は多くなります。 通常だと1日2回になりますが、鼻水なども含めた帯状疱疹の症状が出ている場合は1回2錠を1日3回食後に服用することになります。 食後でなくても服用しても大丈夫ですが身体への負担を考えた時に食後に服用されることをオススメします。 バルトレックスは病院で処方される時に5日以上分を処方されると思いますが、これはバルトレックスはウイルスの増殖を抑える薬であり、3日で症状が治まることが多いと言われますけどウイルスの増殖を確実に止めて再発を防ぐために処方されています。 どちらにせよ帯状疱疹は単純疱疹よりも症状が重くなりますので、しっかりと医師の意見を聞いて相談しながら治療していかなければなりません。 早期発見することが大事なのでなるべ早くにバルトレックスを服用したり、病院に行ったりしましょう。